ハワイのレイ・ハクレイのお話


レイとは?ハクレイとは?

Lei Dayハワイアンドレスやムームーの着こなしに必須とも言えるのがレイ(Lei)と呼ばれるネックレスです。レイはクリスマスリースの「リース」の意味。「リース」は「編む」ようなニュアンスです。

お花のレイは良く見かけますが、貝やナッツ、羽など色々なものがあります。卒業式などではお金のレイやお菓子のレイもあります。ドラッグストアでも時々レイキットが販売されています。

ククイの実のレイはハワイでは魔除けの効果があるとされています。また、頭に載せるものはハクレイ(花冠)と呼びます。

どんな素材で作られていても全て「レイ」と呼びます。結婚式などで、レイをいくつ重ねるかによっても意味があります。贈る人は「アロハ」と相手に声をかけ、渡されたら受け取るのが礼儀です。

レイの合わせ方ですが、ムームーにレイを併せても、普通のドレス(ワンピース)にレイを併せても素敵です。また、ビーチリゾートでは、貝などの海をモチーフとしたアクセサリを合わせるのがオススメです。気品のあるパールは個人的にとても好きなアイテムです。

ハワイの5月1日

Lei Day Kamehameha5月1日はLei day(レイデイ)と呼ばれるレイのお祭りの日です。1928年5月1日から、いくつかのハワイの島々で行われています。5月1日は世界的に労働者の祭典「メーデー」のイベントが開催されますが、ハワイでは「May day is Lei day」という表現があり、この日は数多くの美しいレイが飾られ、思い思いのお洒落をした、ハワイの人々が音楽や食事を楽しむイベントとなっています。

レイを作って人に贈ることを通じて、ハワイ州全体でハワイ文化とアロハ精神を祝うことがLei Dayの趣旨。盛大なイベントのあるLei Dayですが、意外にも公式な祭日ではありません。

この日はカメハメハ大王像も思いっきり数多くのレイで飾り立てられます。機会があれば、カピオラニ公園の「Lei Day Celebration」などのハワイ各地で開催されるLei Dayのイベントに参加してみてくださいね。ハッピーでハワイアンな一日を過ごせますよ。

ハワイウェディングはお花を身につけましょう

地元の方々は普段でも耳の後ろにお花をつけてます。本物のお花や造花だったり様々です。独身者は右に、既婚者は左にお花を着けます。

上の写真はムームーレインボーでご注文頂いたブーケとレイです。ムームーレインボーではフラワーアクセサリのレンタル、生花レイのご注文も承りますので、お気軽にお申し付け下さい。ワイウェディングでは女性だけじゃなく、男性もアロハシャツにレイをぜひ、コーディネートしてくださいね。

レンタルカタログ > フラワーアクセサリ
http://muumuurainbow.com/flower-accessory
ムームーレインボー・フラワーサービス
http://muumuurainbow.com/lei-and-hakulei

Toko Sugaya
アロハ! ムームーレインボーのToko Sugayaです。高品位な品揃えと知識と経験豊富な日本人スタッフが、皆様のハワイ結婚式ご参列・ハワイでの二次会・お食事会・パーティなどの衣装のご準備を、精一杯サポートさせて頂きます。ご来店を心からお待ちしています。 レンタルのご説明