ハワイでスマートフォンを安全に使う為の知識


高額請求で失敗しない為のハワイでスマホの基礎知識

ハワイでスマホを使う為の基礎知識

ハワイでスマホを使う為の基礎知識

私達の生活にかかせないものとなったスマホですが、日本では普通に使ってるスマホもハワイで使うとなると注意しないといけない点がありますので今回はそのお話。ちなみにハワイは歩きスマホに罰金があります。

スマートフォンで「データ通信」をオンにしていると海外でのパケット料金が発生しますが、日本で契約しているパケット定額サービスの料金とは異なります。海外でも定額サービスは適用されますが、月額では無く、1日毎の定額料金であることに注意してください。海外でのデータ通信料金について携帯電話ショップの従業員が「月額料金は固定です」と間違えた説明をしているケースさえありますから注意してください。

ハワイでソフトバンクのスマホを使う

パケットし放題でもハワイ7日で料金2万円

パケットし放題でもハワイ7日で料金2万円

ソフトバンクには海外パケットし放題というプランには「どれだけ使っても定額なので安心」と書いてありますが、これは1秒でも使うと発生する1日の料金です。1日25MBまで1980円、1日25MBを超えると2980円です。日本時間深夜12時(ハワイ時間午前5時)をまたぐと2日分の利用料金が発生しますから時間にも注意が必要。

ソフトバンクにはiPhoneでSprintの回線を使用するアメリカ放題というお得なサービスもあります。iPhoneの新しい機種だけの対応です。海外で日本で契約している携帯電話の通話をすると発信者と受信者に通話料金が発生します。ご同行者がハワイにいてもそうなります。

ハワイでAUのスマホを使う

接続キャリアを間違えるとパケ死

接続キャリアの間違えによる海外パケ死の例

AUには海外ダブル定額というサービスが有りますが1日1980円~2980円の定額サービスです。これも月額定額ではありません。1秒でも使うと発生する1日の料金です。日本時間の深夜12時(ハワイ時間午前5時)をまたぐと2日分の利用料金となります。世界データ定額(データチャージに加入)で24時間980円になります。

AUの海外ダブル定額の対象キャリアはAT&T、Commnet Wireless、T-Mobile USA、Verizon Wireless(GLOBAL・Roaming)のみです。接続先を間違えると高額のパケット料金(数万円から数十万円の場合も)の請求が発生します。海外で日本で契約している携帯電話の通話をすると発信者と受信者に通話料金が発生します。これはご同行者がハワイにいてもそうなります。

ハワイでドコモのスマホを使う

ご家族お友だちのスマホ設定も確認してね

ご家族お友だちのスマホ設定も確認してね

ドコモには1980円~2980円の海外パケ・ホーダイというサービスがあります。これも1秒でも使うと発生する1日の料金です。日本時間の深夜12時(ハワイ時間午前5時)をまたぐと2日分の利用料金となります。

どちらも対象キャリアはAT&T/Cingular、Commnet、 LmtlsUSA/IMMIX、T-Mobile/TMOのみ。接続先を間違えると高額のパケット料金(数万円から数十万円の場合も)の請求が発生します。海外で日本で契約している携帯電話の通話をすると発信者と受信者に通話料金が発生します。これはご同行者がハワイにいてもそうなります。

海外のプリペイドSIMを使う

渡航日数に合わせてZIP SIMを利用するのも間違えた設定による高額請求を避けるには安全でリーズナブルです。ZIP SIMはホノルル到着後に接続設定を開始しますが、接続が出来ないトラブルが起きた場合、英語でメールサポートを受ける必要があります。現地でSIMを調達するにはアラモアナセンターのAT&TでAT&T PREPAIDを契約するのも良いでしょう。ハワイで確実に接続出来るのがメリットです。

スマートフォン・携帯電話を借りる

通話料金がもったいなからと日本に携帯電話を置いていくことはお薦めできません。緊急時の連絡が出来なくなる可能性があります。スマートフォンの場合はデータ通信をWiFiだけにして通話着信は出来る様にしておきましょう。また、ハワイは日本と違って公衆電話は多く設置されていますので小銭のご用意もお忘れなく。

ハワイでLINEを使う

ご同行者と1日に数分しか会話しないのであればWiFi以外の環境では1日のデータ通信プランの料金の方が高くなる可能性があります。LINEでの通話は無料でもパケット代金は海外では日本と異なります。データ通信でLINE通話をするくらいなら、国際電話で話した方が安い場合もありますので、LINE通話はWiFi環境で使用しましょう。

ハワイでWiFiを使う

SIMの入れ替えや設定などがわからない場合はハワイで使うスマートフォンや携帯電話をレンタルする、モバイルWiFiルータをレンタルしてLINE等のSNSで連絡を取り合うという選択肢もありますが、ワイキキは殆どのエリア、ホテルは無料WiFiが使えますのでWiFiを使えるようにチェックインしたら直ぐに設定をしましょう。また、思わぬ高額請求を避けるためにご自分のスマートフォンだけでは無く、ご同行者のスマートフォンの設定も確認してあげて下さい。ワイキキ、アラモアナ ショッピング センター(eVIPクラブ メールマガジン登録で無料WiFi使用可能)以外のエリアに行かないのであればモバイルWiFiルータは不要かも知れません。

ムームーレインボー周辺のWiFiマップ

ムームーレインボーのお客様は店内でWiFiをご利用頂けますので、WiFiのご利用はスタッフにお尋ねくださいませ。DFSギャラリア・ ワイキキのWiFiはワイヤレスネットワークリスト>DFSPUBLICを選択>ウェブブラウザを立ち上げて認証画面(英文)>合意(AGREE)で接続出来ます。セキュリティー・パスワード(WEPキー)不要で繋がる、鍵の無いSSID(WiFiの信号名)も多いのですが、必要な場合は各店をご利用になる際にお尋ねください。