プリンセスカイウラニ・ブランド解説


プリンセスカイウラニ・ファッションズとは?

princess_kaiurlani_logoプリンセスカイウラニ・ファッションズは50年以上の歴史と伝統を誇る、ハワイ唯一の高級ハワイアンドレスのデザイナーズブランドです。大量生産の波などもあった中で常にハワイの伝統衣装を守り抜きたいという、強い意志を貫き、発展してきました。

プリンセスカイウラニの始まり

princesskaiulan_01プリンセスカイウラニ・ファッションズは1959年に創業者ジョアン(Joan Andersen)によりスタートしました。それまでのハワイアンドレスは、ゆったりしたシルエット、ハイビスカスやプルメリアといった花柄が主流でしたが「新しいファブリックと斬新なデザインで女性の体のラインを強調した美しいドレスを提供する」とした、当時としては革命的なコンセプトでした。

「私は妊娠をしていたので、緩いシルエットの服に飽き飽きしてました」「もっと女性らしいラインの服を作りたかった」「ハワイアンプリントもさほど好きではないので、アメリカ本土から取り寄せた布を使ってハワイアンファッションとの融合を試みたかった」「柄や色ももっと落ち着いたものを使いたかったので、レースやトリムなども使いました」「いろいろな柄の組み合わせを試みました」そうして、プリンセスカイウラニ・ファッションズはそれらの斬新なアイデアの元にスタートを切りました。

「洋服のデザインがそれだけで独立して美しいものではなく、着る人が美しく見えるドレスを作りたかった。ドレスが素敵なのではなく、それを着用する人が美しくなるものでないとならない。」ジョアンは1995年のMidweek Magainze誌の取材で語っています。

このように、プリンセスカイウラニ・ファッションズは着る人の美しさを常に意識したデザイン。着用すれば一目瞭然ですが、着るととってもエレガントな気分にさせてくれる特別なドレスを今も作り続けています。

プリンセスカイウラニの歴史

kaiulani_wedding1985年、5年間のNY、フロリダでのモデル経験をえて、ジルがプリンセスカイウラニ・ファッションズに加わりました。世界のトップデザイナー達と働いた彼女の経験はプリンセスカイウラニ・ファッションズに更なる深みをもたらしました。

愛着のあるハワイの伝統的ファッションを表現するため、ジルは1986年にブライダルラインをスタート。同時にブティックもオープンし、カジュアルリゾートウェアからフォーマルウェア、またアクセサリーに至るまで、多彩な展開を見せました。現在、企業経営責任者として、彼女の両親が築き上げた熱意を受け継ぎ、トレンドや流行を取り入れながら、現在にも通じるハワイアンスタイルを提供し続けています。1999年、ジルはハワイの歴史的な要素を現代に呼び起こしました。その美しさや伝統的なハワイのスタイルを表現するべく、ビショップ美術館との特別な合意により、ハワイのファーストレディーが着ていたドレスの研究に取り組みました。

大量生産との決別とファミリービジネス

kaiulani_dressハワイに住む人々にプリンセスカイウラニの服は高品質で最高級のアイランドウェアとして支持されています。$75から$300、ウェディングガウンは$350という価格(この記事が書かれた当時の価格)はそれをしめしています。また、どうしてこのように価格が高いのかというと、ジョアンによる創業当時から、ドレスはそれぞれユニークに作られていました。卸先ごとに違ったデザインにするという、大量生産時代には考えられないポリシーを持ってドレスを生産していました。大量生産により、他社のデザインが安く大量に提供されるようになった時代にも、大量生産を拒絶し、今も存続しているハワイのデザイナーブランドはプリンセスカイウラニ・ファッションズだけです。大量生産によって価格を安くする選択肢や日本からブランドを買い上げる話も出ていましたが、それらを断り、プリンセスカイウラニ・ファッションズはファミリービジネスを守り抜きました。

今現在でも、プリンセスカイウラニ・ファッションズは他社のように大量生産のドレスを販売していません。もし、プリンセスカイウラニで、自分に似合うドレスに出会えたなら、それはとてもラッキーなことなのです。

現在のプリンセスカイウラニ

kaiulani_profile現在では、アンダーソンの3人の娘のうちの1人のジルがプリンセスカイウラニ・ファッションズを引き継いでいます。アンダーソンも含め、みんなファッションモデルの経験があるのですから、そのファッションセンスはハワイだけの経験から生まれたものではないことがわかります。

モダンなスタイルを取り入れた、プリンセスカイウラニ・ファッションズは美しいハワイアンファッションをコンセプトとして作られるドレスであり、懐古趣味的なハワイアンドレスではありません。

ドレスに込められたアロハスピリット

ハワイで5月1日に行われるレイデーでのレイクイーンの着用するセレモニー衣装は、毎年ジルとそのスタッフにより作成されています。プリンセスカイウラニ・ファッションズはアロハスピリットにあふれ、オハナ(家族)を大切にし、お客様もオハナと思う気持ちで作られています。そのドレスにはジルとジョアンの「もっとハワイアンドレスを着てほしい」という強い願いが込められています。

プリンセスカイウラニのレンタルとオーダーメイド

Jill and Tokoムームーレインボーではプリンセスカイウラニ・ファッションズとの信頼関係に基づき制作されるドレス、アロハシャツ、子供服のレンタルとオーダーメイドを承っております。

プリンセスカイウラニ・ファッションズ製のレンタル衣裳の多くにもムームーレインボー専用のデザインのものが多数ございます。皆さんにもハワイの誇り高く、ユニークなファッションを楽しんでもらえたらと願います。

出典:Princess Kaiulani Fashions and Bridal Collections celebrates 52 years of Fashion
http://www.pkaiulanifashions.com/ourstory.htm

Toko Sugaya
アロハ! ムームーレインボーのToko Sugayaです。高品位な品揃えと知識と経験豊富な日本人スタッフが、皆様のハワイ結婚式ご参列・ハワイでの二次会・お食事会・パーティなどの衣装のご準備を、精一杯サポートさせて頂きます。ご来店を心からお待ちしています。 レンタルのご説明