レンタルドレス利用規約 | レンタル料金と補償


第1条(基本事項)

    本「レンタル規約」を承認の上申込するものとし、Muumuu Rainbow Fashion LLC(以下「当社」)が所定の確認手続きを行い、当社が認めた方をお客様(以下「お客様」という)という。当社の手続き、または判断によりお客様に対するレンタル商品(以下「商品」という)の賃貸(以下「レンタル」という)が行えない場合はお客様による異議申立はできないものとする。
  1. お客様は、代金の支払いと利用規約に基づく合意により、当社から商品をレンタル出来るものとする。
  2. レンタルを行う場合は、商品の内容を、レンタル料金請求書(以下「請求書」という)または納品書兼受領書(以下「納品書」という)に記載するものとする。
  3. 商品は原則としてお客様がご来店時に決めた際に取り決めた方法にて受け取り、返却をすることとする。ただし、別途取り決めている場合は、それに従うものとする。
  4. 当社は、お客様の利用申込みに基づき貸し出す商品を正常な状態で貸し出す義務を負うものとする。万一、引き渡した商品に異常があった場合は、速やかに連絡をし、当社の判断で同類の商品と交換するものとする。
  5. フリーレンタル商品の利用前の破損については当社は保証しない。ただし、利用前に連絡をし、再度来店をして交換をすることができるものとする。
  6. ただし、同類の商品在庫がなかった場合については、レンタル料金を返却するものとする。

第2条(レンタル期間・延長・遅延)

  1. レンタル期間は、通常2泊3日とするが、レンタル時の取り決めに従うものとする。
  2. 遅延とは、レンタル時に定めた日時に、規定の場所へ規定通り返却せず、回収予定日時に回収が出来ないこととする。
  3. お客様は、指定の返却日時に指定の場所に商品を返却する義務を負い、レンタル時に記入するレンタル確認書に記入した内容にて、責任を負うこととする。お客様の都合で勝手に返却先のホテルを変更し、その連絡がないまま、返却日時が到来した場合、遅延・紛失扱いとする。
  4. お客様の都合上、返却先の場所(ホテルベルデスク返却を店頭返却に変更、店頭返却をホテルベルデスクに変更)、方法(郵送返却をベルデスクに変更、ベルデスク返却を郵送返却に変更)、返却日時(レンタル時の取り決めと異なる日時)を変更する場合、それがわかった時点ですぐに当社へメールまたは電話にて連絡をする。それを怠った場合かつ、スタッフがレンタル衣装の回収へホテルに既に行ってしまった場合は遅延もしくは紛失扱いとなる。
  5. レンタル期間の延長は、レンタル期間終了前までに事前連絡の無い延長は遅延とみなし、機会損失費としてレンタル料金合計金額に対し、1日あたり30%の遅延料金が発生する。事前に連絡のある場合はレンタル料金合計金額の10%/日とし、別途定めた場合は、それに従うものとする。事前に連絡のある場合はレンタル料金合計金額の10%/日とし、別途定めた場合は、それに従うものとする。
  6. お客様の手違いによる返却場所、返却日時の間違い等などから起こる返却遅れは、すべて遅延とみなす。1日$10を遅延料を基本とし、最大、レンタル料金合計金額に対し、1日あたり30%の遅延料金の請求ができるものとする。
  7. ホテル返却、来店返却による時間の遅れは遅延と扱い、上記4項にある規定に従うものとする。また、レンタル商品の一部だけの返却遅れは基本遅延料$10の発生、もしくは返却し忘れた商品のレンタル金額の30%の遅延料が発生する。
  8. レンタル時に取り決めた内容で、ホテルへの返却をしたのにも関わらず、当社でレンタル商品が見つからない場合、お客様に電話もしくはメールでの連絡をし、返却時の状況を確認することができる。
  9. 8でのご協力が得られない場合、こちらでの商品の捜索は2回までとし、それでも見つからない場合は、紛失扱いとみなし、お客様へ紛失として請求できるものとする。ただし、お客様のご協力が得られ、それでも見つからない場合は、この限りとはせず、別途定めた内容で協議するものとする。

第3条(貸出数の制限)

    商品は、在庫等によりレンタルにおける数量が制限されても異議のないものとする。

第4条(レンタル料金)

  1. レンタル料金は、レンタル期間・商品に応じて定められた料金とし、請求書または納品書に記載したものとする。
  2. チップは売上金ではなく、スタッフに分配されます。いかなる理由があっても当社からの返金はございません。また代理人前払いの超過請求及び、衣装の破損・汚損時・延滞等の追加請求との相殺・調整もございません。

第5条(支払方法)

  1. レンタル料金(州税、クリーニング料を含む)は、原則としてクレジットカード、または現金による前払いとする。但し、支払方法を別途取り決めている場合はそれに従うものとする。
  2. レンタル補償金(以下、デポジット)は現金、もしくはクレジットカード情報を預かるものとし、ご返却終了後、商品返却が確認されクリーニング終了後に弊社でお預かりしたお客様のカード情報を破棄するものとする。

第6条(遅延料金)

    レンタル期間満了日時(返却予定日時)を過ぎて、返却された場合は、第2条に定める遅延料金を支払うものとする。

第7条(中途解約・キャンセル)

  1. 商品の予約を含まない、来店予約のキャンセルや延期に関しては一切の料金請求は無いものとする。
  2. レンタル期間の途中で商品を返却したとしても、レンタル料金の一部返却、または割引は行わないものとする。
  3. レンタル商品の取り置きは原則行わないが、特別な取り決めにより前払いによるレンタルで取り置きが発生した場合、30日前までは全額を返金。20日前以降のキャンセル料金は10%、14日前以降のキャンセル料金は30%、7日前以降のキャンセル料金は50%、前日・当日のキャンセル料金は100%とする。

第8条(商品の保全)

  1. 当社は、随時商品の保管状況の点検または報告をお客様に求めることができるものとする。
  2. お客様は、商品に添付してある当社の所有物である旨のステッカーを保守する義務を負うものとする。
  3. お客様は、商品を第三者に譲渡したり、転貸、質入れ、担保権の設定等をすることはできないものとする。
  4. お客様は、商品について紛失、損傷、汚れが発生した場合、またはその恐れがある場合は、その旨を当社に通知しなければならない。
  5. お客様は、当社の承諾なく、商品に他の商品を付着(付合物)、改造、性能等の変更または別途取り決めた使用場所の変更はできないものとする。当社の許可なく、お客様自身によるお直しはできないものとする。
  6. 商品の引渡後のトラブルにより発生した損害については、当社は一切の責任を負わないものとする。

第9条(商品の滅失、顕損等)

  1. レンタル中に生じた商品の滅失、毀損(通常の使用による損耗、減耗は除く)等については、原則として同等商品との取替えに要する費用または修理代金に相当する費用全額をお客様が負担するものとする。尚、遅延における費用と紛失における費用は別のものとする。
  2. 紛失、盗難、天災、破損等で商品に異常が発生し、借りた状態での返却ができなかった場合、返却日の翌日までにメールまたは電話にて当社に報告するものとし、連絡のない場合は預かっている補償金より商品回復の費用、紛失費用等の額を差し引く、もしくは追加請求を行い、お客様は速やかに支払うものとする。意義申し立てのある場合は、当社へ連絡の上、協議するものとする。
  3. お客様の瑕疵により、紛失・破損・汚損(クリーニングで取れない目立つシミ、汚れ、臭いが発生する状態、水没)が起きた場合、当社は後日、修繕費などを実費で請求でき、レンタル時に記載したメールに連絡後、デポジットより差し引く、もしくは預かったカード情報に基づき追加請求がでできるものとする。お客様の瑕疵には「ホテルへ預けたとする紛失・遅延」も含まれるものとする。尚、ホテルの責任と思われる紛失等が起きた場合、その捜索への協力がお客様より得られない場合、捜索費用として1日あたり$20を請求をできるものとする。捜索費用には、ホテルへのピックアップ、連絡などが含まれる。
  4. お客様は任意で、紛失・破損・汚損に対する「修繕補償」への加入ができる。費用は1着あたり$5、カイウラニドレスは$20。それ以外のウェディングドレス等の補償料金は商品と使用状況により変動する。
  5. お客様が「修繕補償」に加入していた場合、商品の紛失以外の破損、汚損が発生しても別途請求はしないが、土汚れがついた場合は、お客様による商品買取となる。

第10条(契約の解除)

  1. お客様が、本規約の規定に違反した場合または当社の債権保全上のために必要と認められる場合は、当社は通知、催告なしで商品の引き揚げまたは返還の請求を行い、レンタル契約の解除ができるものとする。
  2. 前項によって当社が商品の返還を請求したときは、お客様は直ちに商品を返却しなければならない。

第11条(協議事項)

    本規約に定めのない事項が生じた場合および本規約の解釈に疑義が生じた場合は、当社とお客様の間で協議し解決するものとする。

第12条(個人情報の取扱い)

    当社はお客様の個人情報については、お客様と当社の間のレンタル契約の締結ならびにレンタル契約後の当社の権利の保存、管理、変更および権利行使、当 社の提供するレンタルサービスの提供、レンタル契約に関するアフターサービスの提供の目的範囲内で利用する。但し、以下の事例に該当する場合は開示することがある。
  1. 法令に基づく特例の規程、裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合。
  2. お客様の生命、財産を損なうおそれがあり、お客様の同意が得ることができない場合。
  3. 法令や当社レンタル規約、注意事項に反する行動から、当社の権利、財産またはサービスを保護する必要があり、お客様の同意を得ることができない場合。

レンタル規約は店頭で提示される規約と同一内容ですが、店頭で提示された規約と異なる記述があった場合は店頭で提示された規約が優先します。
※2017年1月29日 返却に関するルールを変更
※2017年2月11日 追加請求に関する項目を修正
※2017年2月20日 第7条(中途解約・キャンセル)を変更
※2017年2月24日 第4条と返却に関するルールを修正
※2017年4月23日 第4条チップに関するルールに追記
※2017年4月23日 混在する当社と当店の記述を当社に統一