新しいハワイウェディングのアイデア


新しいハワイウェディングの可能性

ハネムーンはハワイに行きたいけど、ハワイウェディングは準備が大変そう、お金かかりそう、友人も来てくれるかわかんない、なんてお悩みのプレ新婦・プレ花嫁さんにはムームーレインボーの楽々ハワイ・ビーチフォトDX/DX+でのフォトウェディングがイイかも。今話題のカカアコなどの街中、海辺でのビーチフォトもウェディングドレスやお好きなドレスでOK。もちろんインスタ映えバッチリの写真が大量に撮影できます。ゲストとご一緒の撮影でも料金は同じ。

ハワイウェディングだけでは写真が多く残せません

予算に余裕のある新郎新婦さんは教会の下見や前撮りでハワイ旅行をしますがその理由はハワイウェディングのセレモニー中、教会内での撮影は禁止だからです。ハワイウェディングもしたいし、しっかり写真も沢山残したいのであれば予算がどんどん上がるのが現実。それに比べてフォトウェディングならリーズナブルで短期滞在でも余裕のハワイ滞在となります。準備が大変なハワイウェディングの30~45分のセレモニーにさえ拘らなければハワイの滞在スケジュールもゆったり。家族でのハワイ旅行も充実。

ハワイで挙式しないハワイウェディングとは?

ハワイの滞在中はウェディング衣装や新郎新婦、ゲストとの撮影をするだけにして、帰国後にハワイで撮影したプロの写真をお披露目したり、ハワイで買い集めたハワイアンギフをプレゼントするレストランウェディングを日本で開催するというわけ。ゲストやお友達にしてもハワイに行かなければならない負担を考えると本音では大助かりかもしれません。

さらに進んだこれからのハワイウェディング

ハワイの現地時間17:00は日本時間で昼12:00。この時差を利用して、ハワイでレストランウェディングや夕暮れのビーチウェディングを行い、モニターのある日本のレストランやカフェで同時にパーティを行うこともさほど難しいことではありません。

ホテルの敷地に近いWiFiが使える場所もしくはスピードの出るモバイルルータが必要になりますが、YouTubeなどのライブ配信は無料で使えます。スマホのビデオ通話機能を使っても受信側の外部出力モニターで日本のパーティ会場のゲストに観てもらえます。パーティに来れない人は自分のスマホでも観れます。

通信スピード次第でテレビ中継並の配信はできないとは思いますが、動画を保存後に編集してアーカイブとして後で見直してもらうことも可能です。近い将来 商業用チャペルでは常設のライブカメラでのネット中継自体がウェディングサービスのオプションになるとは思いますけどご参考になれば幸いです。